EeeBook

ASUS EeeBook X205TAにLinuxインストール(2) ~インストール作業~

Pocket

まずは引き続きEeeBookにLinux(Ubuntu)をインストールするために必要な機材・環境・ソフトウェアの確認。

【必要な機材・環境】
・無線LAN通信環境
・無線LAN子機(WLI-UC-GNMなど)
・USBメモリ2個(8GB以上と2GB以上)

【必要なソフトウェア】
ASUS backtracker:Windowsバックアップ用
Rufus:ブートUSB作成用
→「rufus-2.2」を使用
※他のブートUSB作成ソフトでも良いですが、UEFI限定のブートに対応している必要があります
・Linux(Ubuntu(ISO)):インストールしたいLinuxのisoファイル
→「ubuntu-ja-14.10-desktop-amd64-20141124.iso」を使用
※Ubuntu14.10はインストール成功
※Ubuntu15.04はインストール時、致命的なエラーが発生
・32bitUEFIブート用ファイル:bootia32.efi

【必要ソフトウェアダウンロード】
(1)あらかじめ、必要となるソフトウェアをダウンロードしておきます
・Rufus(USBブート作成ソフト)をダウンロード
URL(Rufus):https://rufus.akeo.ie/
※窓の杜とかでもOK
・Ubntu(ISO)をダウンロード
URL(Ubuntu(ISO)):https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix
※Ubuntu 14.10 64bit版のISOイメージ
※今回は「ubuntu-ja-14.10-desktop-amd64-20141124.iso」を使用
・32bitUEFIブート用ファイルダウンロード
ネット上から32bitUEFIブート用ファイル「bootia32.efi」をダウンロード
URL:https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta/blob/master/boot/bootia32.efi
※「View Raw」リンクをクリックし、ファイルDL
又は
URL:https://github.com/jfwells/linux-asus-t100ta
※「Donwload ZIP」ボタン押下でダウンロードしたzipファイル解凍→必要ファイル(bootia32.efi)取り出し

【Windows環境バックアップ】
(1)EeeBook内のWindows環境をバックアップしておきます
・サイトからasus backtrackerをダウンロードし、Windows環境をバックアップ
→確か(ちょっと記憶が曖昧……)8GB以上の空き容量が要求されるため、ここでは8GB以上のUSBメモリを使用します
URL(FAQ):http://www.asus.com/jp/support/FAQ/1008641/
※上記FAQに詳しい手順が書いてあります
※FAQ消えた場合、直接「http://www.asus.com/jp/」から探す

【Linux(Ubuntu)インストール手順】
(1)作業前にBIOS設定を変更しておきます
・EeeBookのWindows環境でコントロールパネル->電源オプション
->電源ボタンの動作を選択する->現在利用可能でない設定を変更します
->高速スタートアップを有効にする
のチェックを外す
・EeeBook起動時にF2キー押下->BIOS設定->secure boot conrol->disableに設定
同様にusb controller->ehciに設定(※重要)
保存して再起動
(2)ブートUSBを作成します
・Rufusを起動し、パーティション構成とターゲットシステムの種類を
「GPT UEFIコンピュータのためにパーティション構成」(EeebookはUEFI起動)
ファイルシステムは「FAT32」
・ISOファイル指定(ubuntu-ja-14.10-desktop-amd64-20141124.iso)
・作成したUSBの「/EFI/Boot」フォルダ直下にファイル「bootia32.efi」をコピー
(3)Ubuntuインストール
・無線LAN子機と作成したブート用USBを差し込み、Eeebook起動
・起動時Escキー押下でUSBメモリから起動->Ubuntuのインストール
※ここでは、通常のUbuntuインストール手順を実施します
インストール前に本体外の無線LAN子機からwifiに接続しておく必要があります
(4)GRUBのプロンプトからブート((5)の作業を行うため、一時的にプロンプトからブート)
・Ubuntu再起動後、cキー押下でgrubに入り、以下コマンド実行
細かい数値部分(vmlinuz-3.16-0-23-genericやinitrd-3.16-0-23-generic)は都度変わるので、
tab補完等で対応して下さい

linux (hd1,gpt2)/boot/vmlinuz-3.16-0-23-generic root=/dev/mmcblk0p2 reboot=pci,force
initrd (hd1,gpt2)/boot/initrd-3.16-0-23-generic
boot

※1度起動に失敗。電源を切って再度実施したところ、うまくいきました。
(5)(4)のプロンプトからのブートを不要とするために、必要ファイルインストール
・ターミナルから以下コマンド実行

sudo bash

・必要なソフトダウンロード

apt-get install git bison libopts25 libselinux1-dev autogen m4 autoconf help2man libopts25-dev flex libfont-freetype-perl automake autotools-dev libfreetype6-dev texinfo
git clone git://git.savannah.gnu.org/grub.git

・grubにEFIの32bit版を追加

cd grub
./autogen.sh
./configure --with-platform=efi --target=i386 --program-prefix=''
make
cd grub-core
../grub-install -d . --efi-directory /boot/efi/ --target=i386
cd /boot/efi/EFI
cp grub/grubia32.efi ubuntu

・Ubuntu再起動
・ログイン後、表示されるダイアログに従って最新版のOSにアップグレードします

以上でLinux(Ubuntu)のインストールは終了です。
お疲れ様でした。

まだこの時点では内臓WiFiが使えません。
あとサウンドは現状、諦めな感じです。

ただし日本語入力や内臓WiFi有効化等、色々できることがあるので、
次回は言語設定やらキーボードマップ、その他の細かいインストール後の設定について記します。

インストール後の作業へ

またインストール方法などは以下のサイトを参考にしました。
とりあえずほぼ同じことやってますが、英語OKな人ならDebianのWikiは一読すると良いかもです。

参考サイト:http://brownbro.github.io/blog/2015/01/15/asus-x205ta-with-lubuntu/
→一通りのインストール手順(日本語)
参考サイト:https://eelsden.net/blog/kc0a2c/1gqxve#.Vc-_OJc3LhU
→USBブート設定手順(日本語)
参考サイト:https://wiki.debian.org/InstallingDebianOn/Asus/X205TA
→インストール手順の確認とインストール後の詳しい設定(英語、DebianのWiki)

広告

Pocket

2 Comments

  • tworks 返信

    はじめまして。
    こちらを参考にX205TAにUbuntuをインストールしようと試していますが、「細かい数値部分(vmlinuz-3.16-0-23-genericやinitrd-3.16-0-23-generic)は都度変わるので、tab補完等で対応して下さい」の箇所のvmlinuzがtab補完出来ずに困っています。
    何か、方法ござませんでしょうか?
    Ubuntu、ツール等は全く同じバージョンを用意して試しております。

    • ぺく 返信

      サイトを管理しているぺくです。

      GRUBプロンプトで「ls /boot」と打ち込んでみてください。
      「/boot」フォルダ直下のファイルが一覧表示されるので、その中からファイル名を探すことができます。

      それでもファイルが見つからない場合は、「ls /boot」の実行結果(表示内容)を教えて貰えれば、手助けできるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です