スパークリングホラー
怖い話を集めてみた感じのサイト☆(無断転載禁止)
Menu

2017年9月30日


子どもたちから怖い話をねだられ、私は出身地で語られる伝説を話し始める。だが、その話には真実が隠れていた──。

広告





 
 ある日、私が散歩の途中に寄った公園の東屋で休憩していると、近所の子供たちが4人ほど寄ってきた。
 最近の子はゲームばかりなどというが、ここらでは遊び場があるおかげか、未だ外で遊ぶ子供たちを見る。かくいう私も、このように出歩いて体が鈍らないようにしているのだけれど。
 とはいえ、もう年も取って体も動かない。昔みたいに動ければいい、そう思ったことは何度もある。
 私は笑いながら、「どうしたんだい」と彼らに聞く。
「おばあさん、怖い話してくれない?」
 一人の男の子が、唐突に私に言う。近所ではカッちゃんだったか、そう呼ばれていたはずの子だ。ガキ大将とまではいかないけれど、子供たちをまとめ上げている子だ。
「またいきなりだねぇ。いいよ、とっておきのを話そう」
 そういうと、子供たちは喜んで、その場に座る。私は手振り身振りをしながら、子供たちに話し始めた。
 子供は元気な方がいい……元気すぎてもいけないけどねえ。
「これはね、私の出身地の、瀬戸内海のある島で起きた話なんだ──」
 
 月のない夜。ある島の砂浜で、男二人が小さなボートの側で話し込んでいた。男たちの顔は分からないが、一人はかなり背が高く瘦せ型。もう一人は対照的に小さく太っていた。
 この島は『禁断の地』と呼ばれている。男子禁制の島で、その理由は漁師に殺された大蛇を鎮めるためだとか男嫌いの海の神様が祭られているだとか諸説ある。
 しかし地元では、ともかく「男は入ってはならない」といわれつづけている。
 なぜなら入った男は、あるものは首と胴が離れた状態で、あるものは達磨──四肢が切り取られた状態──になってこの島の岩場に打ち上げられていることなどがたびたびあったからだ。これは地元の資料館曰く、そういうことがあったという最古の記録は江戸時代らしい。それもその男は「そんな噂はない」と言って死体で見つかったそうだから、もっと前から噂はあったのだろう。
 ただ、そういう場所には得てして、肝試し目的で入り込む人間がいる。果たして、この男たちもそのようだ。
「おい、こんなところで本当に面白いもんが見れるのか?」
「俺の目を信じろって」
「8と6を見間違えて、単位を落とすようなお前の目を?」
 そういって、痩せた男が笑う。言われた方はムッとして、「いいぜ、俺だけで楽しむから」と啖呵を切った。
「おいおい、そんなこと言うなよ。で、サトー。本当なのか?」
 男の一人がムッとしたままの、サトーと呼ばれた小太りの男を小突く。それで気持ちがほぐれたのか、サトーは「あぁ、もちろんだ。美女があの反対側の岩場で裸踊りしてたのを、俺はバッチリ見たんだ」と言った。
「どんな女だよ?」
「そりゃあ、白い肌で、出るところは出て、引き締まってるところは引き締まってる女だよ……顔は見えなかったけどよ」
 サトーはしりすぼみになりながら、そういった。
「嘘だったら、パクったボート返すのお前だからな」
「ジャンケンって言ったじゃねえか!」
 もう一人の男は「冗談だ、ジョーダン」と言ってケラケラと笑う。サトーはそれを見て、胸をなでおろしていた。そして「行こうぜ、モリ」といい、それに応じたモリとサトーは二人して、島の反対側にある岩場にのんびりと歩いていった。

広告





 今日は月夜で、満月の光に照らされた岩場は波で濡れ、ぬらぬらと光っていた。
「滑るから気をつけろよ」
「おう」
 いくら月夜で明るいとはいえ、夜の海は危ない。少しでも足を踏み外せば、へばりついた海藻のせいで滑りやすい岩から足を踏み外し、頭を打って怪我をする。下手すると、岩についているフジツボや貝で体を切ることだってある。
 だが、彼らは慎重に足を運んで、転ばないように気を付けているようだ。それにどうも、彼らはアウトドア用の長靴を履いているらしく、足取りはおぼつかないものの滑らずに岩場を歩いている。
「本当にこの岩場か?」
 モリがサトーに声をかける。サトーは自信満々に「間違いないって!」と答える。
「俺が見たときも、こんな感じの満月だったんだよ」
「ふーん」
 サトーは見たときの状況を、砂場に押し寄せる波のように、切れ間なくモリに話していた。それにモリは相槌を打ちながら、岩場の先へと進んでいく。
 岩場の先についた彼らは足を止めた。そこは岩場の中で唯一滑らかで平らな岩の上だった。少し進めば、もう海の中だ。
「ここで見たんだよな? それもはだしで?」
「ああ……」
 モリの問いに、サトーは自信なく呟いた。どうみても、こんなところに人が来ているとは考えにくいからだ。
 そこは、今のような干潮なら足を波に洗われる程度で問題ないが、満潮になれば簡単に沈んでしまう。それに、いくら平らとはいえ周りはごつごつとした岩が出ており、裸足で歩けば怪我をするのは避けられない。また、ぬめる海藻が岩に張り付いており、ここで踊るなんて激しい運動をすれば、容易に転ぶ。
「お前の見間違いなんじゃないか?」
「かもしれねえ……こんなところに女がいるなんて、考えられねえもん」
 モリが海の方を見ながら舌打ちして、「ちっ、骨折り損かよ。帰ろうぜ」と言った。それに「だな」とサトーが返す。
 その時、空気を切る音が響き、モリの隣にあったサトーの頭が無くなった。猛烈な勢いで噴き出す血液に、モリは「え?」という素っ頓狂な声で答え、思わず後ずさる。その時、彼は足を滑らせて強か石に体を打ち付けた。
 その時、モリはその女と目が合った。
 腰に付けたベルト以外は裸の女。プロポーションは最高だろうが、顔はおしろいで白く塗られ、怨嗟の形相を浮かべて、彼をにらんでいた。その女が手に大きな鉈をもって、モリを見下している。
 女はモリの胸を踏みつける。情けない声が漏れたが、女はそのまま鉈を左脇にあてがって、上へと切り裂く。地面が割れるような悲鳴も意に介さず、女は同じように右腕を切り落とした。
 悲鳴は次第に薄れ、荒々しい呼吸が聞こえ始める。譫言の様に「はすけへ……」という声が聞こえるが、女は足を離して腰につるした水筒を開け、モリに中の塩水を浴びせかけながら、呪文を唱える。
 モリの体が何度かビクッと痙攣してから、長い息を吐いて彼の目から光が消えた。
 女は遺体を祭壇に横たえ、また呪文を唱える。そして、満潮になるまで、神に向かって踊り続けた。

「──ってお話があるんだよ。女の人は妖怪かお化けなんだろうねえ、怖いねえ」
 余韻を残すように、私は言った。どうも、この話は子供たちの心をつかんだようで、彼らは身を乗り出すように話を聞きながらも、固まっていた。
 その時、コウちゃんと呼ばれている子が、「なんで登場人物が全員死んでいるのに、おばあさんは知ってるの? 作り話なんじゃないの?」と聞いてきた。
 確かに見た人がいないと、怪談話は伝わらない。
「そうかもしれないねえ……私も地元にいたときに聞いただけだからね。でも、私の地元で伝わる話なんだ」
 コウちゃんの質問は、周りの子たちの緊張を解いたようだった。口々に「作り話か」という声が聞こえ、子どもたちは胸をなでおろす。ざわめき始めて少しすると、カッちゃんが「ありがとう、おばあさん」と言って、子供たちは別の遊びに向かっていった。
「やれやれ、忙しいねえ……元気なのは良いことだけど」
 私は子どもたちの背中を見ながら、あの当時のことを思い出していた。確かに、作り話のように聞こえるだろう。まあ、今の世の中であんな風習を続けている島があるなんてこと、そう信じられるものではない。
 だが、私が真実をすべて語ったというわけではないということに、彼らはいつ気づくのだろうか。願わくば、あの島に関わること以外で思い出してほしい。できれば、いつまでも気づかないでいてくれると嬉しい。
 本当のことを知ったら、子供たちは私に話しかけてなんか来なくなっちゃうからねえ……。

広告





 

陰 へのコメントはまだありません

[怖い話]第04話 空き部屋の住人 2017年9月17日


これはとある兄弟から聞いたお話…
※記憶が曖昧な部分は多少創作が入ってます

広告





兄弟は長男 > 次男 > 長女の三人兄弟。
子供が大きくなったタイミングで長男と次男の部屋が増築された。
※長女は子供部屋をそのまま引き継ぎ
※増築された部屋は2階、1階は車庫

こんな感じ↓
        長男
  廊下廊下廊下廊下
両親廊下長女  次男

長男は高校卒業と同時に進学の為に家を出た。
長男の部屋は空き部屋となった。
その少し後からこの家では怪現象が発生する。

夜中の2時頃になると誰かが廊下を歩いて来る足音がする。
足音はそのまま長男の部屋に入りドアをパタンと閉める。
次男は不思議に思い長男の部屋のドアを開けるが誰も居ない。

とある日次男が夜更かししているとまた足音が聞こえて来た…
今日は部屋に入る前に見てやろうと。自分の部屋のドアの前にスタンバイ。
ペタペタという裸足の足音が近付きドアの前に来た瞬間!

「バーン!」

とドアを勢い良く開けて兄の部屋のドアを見た

何も居なかった…
しばらく待ってみたが何も起こらなかったので次男は諦めて寝る事にした。

[翌日]

長女「兄ちゃん昨日足音が来たときドア開けたでしょ?」

次男「あれ?あれお前にも聞こえてたんだ?」

長女「兄ちゃんがドア開けた時に部屋に上半身しかない女が
   私の部屋に入って来てそのまま窓から抜けていったんだよ」

長女の話からすると、
次男がドアを開けた瞬間に女は長女の部屋を通過し、
窓から次男の部屋方向に抜けていった事になる。

こんな感じ↓
        長男
  廊下廊下廊下廊下
両親廊下長女→女→次男

あれ以来、長男の部屋に向かう足音はしなくなった。
もしかしたらどこかに行ったか。
次男の部屋に居着いたのかもしれない…

この話がなぜこんなに詳細に書かれているかと言うと、
この話の次男はぐおじあだからである_ノ乙(、ン、)_

P.S.
これ書いてる時にずっと耳鳴りと鳥肌が立って怖かったなぁ(((;゚д゚)))

広告





[怖い話]第04話 空き部屋の住人 への1件のコメント

[怖い話]第03話 サっちゃん 2017年9月16日


これはぐおじあの知り合いのS君から聞いたお話…
※記憶が曖昧な部分は多少創作が入ってます

広告





小学生の時にS君はとあるキャンプ場にキャンプをしに行った。
地域のイベントだったので友達と一緒にテントを建ててカレーを作ってと
とても楽しい時を過ごした。

夕飯の後、よくある流れで怪談が始まった。
その中で印象的だったのが童謡の「サっちゃん」のお話。
内容としては何故サっちゃんがバナナを半分しか食べられなかったかを
怖い話に改変した良くある「この話を聞いた人は…」のパターンのお話だった。

S君は寝てる時にサっちゃんが来るかもしれないと酷く怖がり、
親たちに漏らすといけないからとトイレに行くように促された。

キャンプ場のトイレはテントから離れていたため、
S君は嫌がる友達を無理矢理誘ってトイレに向かった。

トイレに向かっている途中に、木製のウッドテーブルが何個か置いてあるエリアを通り過ぎた。
その中の一つのイスに無表情の中年女性が座っていた。
夏だというのにカーディガンを羽織り、視線は遠くを見ていた。
S君は不気味に感じたが友達は何も見えないかのように横をすり抜けて行った。
恐る恐るS君もテーブルの脇を通り抜けたが、女性は微動だにしなかった。

トイレを済ませて戻るとテーブルに女性の姿は無く、
一着の白いカーディガンだけがイスに掛かっていた。

S君はサっちゃんの事などすっかり忘れられたが、
替わりにその中年女性の顔が頭にこびり付いて離れず結局眠れなかった。

おまけ

[サっちゃん]

サっちゃんがなぜバナナを半分しか食べられなかったか知ってる?
それはね…バナナを半分食べた時に車に轢かれて死んじゃったからなんだよ。
轢かれたときにサっちゃんの片足が無くなってまだ見つかってないの。

この話を聞いた人には夜中にサっちゃんが訪ねてくるの。
無くなった足を探しにね…
この時枕元に半分のバナナを置いておかないとね、
バナナの代わりに足を持って行っちゃうんだって!

(補足)
この話を聞いたぐおじあはワクワクしながら使い捨てカメラを持って待機しましたが、
サっちゃんは現れませんでした_ノ乙(、ン、)_

広告





[怖い話]第03話 サっちゃん へのコメントはまだありません

[怖い話]第02話 階段を登る足音 2017年9月5日


これはぐおじあの知り合いの看護師から聞いたお話…
※記憶が曖昧な部分は多少創作が入ってます

広告





看護師のMさんは夜勤をしていた。

相方の看護師と交代の時間になりMさんは仮眠をするために仮眠室に入った。
丁度寝入りそうになった時、

カツ!カツ!カツ!

と、仮眠室の横の階段を上る音が聞こえた。
ふとMさんはある事に気が付いた。

仮眠室は病棟とは別棟となっており、
今はMさんしかいない筈であった…

広告





[怖い話]第02話 階段を登る足音 へのコメントはまだありません