スパークリングホラー
怖い話を集めてみた感じのサイト☆(無断転載禁止)
Menu

[怖い話]第09話 真夜中の追跡者 2017年10月30日


これはぐおじあの知り合いの体験談…
※記憶が曖昧な部分は多少創作が入ってます

広告





OLのAさんはある時残業で終電となってしまい、
急いで家路についていた。

最寄りの駅で電車を降り、徒歩で10分程の家まで歩く。

歩いていると誰かにつけられている気がした…

Aさんの家は都市部にあるため、
深夜の時間帯でもそれなりに人が多い。
振り返っても特に怪しい人は居ない。

でも、つけられている気がする…

Aさんは足早に帰宅し、
誰もついて来ていない事を確認して玄関のドアに施錠した。

翌日も朝早く仕事に行かないといけないため、
早々にお風呂に入り床に就く準備を整えた。

ベッドに入りサイドテーブルのライトを点けようとした瞬間、
Aさんの横に体育座りをした半裸の中年男性が居た。

その後のAさんの記憶は朝まで無い…

「あの時は残業続きで疲れていたからね~」
と、Aさんは笑いながら夢を見ていたと言っていた。

p.s.

僕はコレをいつかゲーム中で再現したいと思っている☆

広告





[怖い話]第09話 真夜中の追跡者 へのコメントはまだありません

[怖い話]第08話 おばぁちゃん 2017年10月29日


これは社員のまめこさんの体験談…

広告





高校生だったある日のこと…

母は仕事で夜いない日が月に何回かあった。
兄は怖い話や怖いテレビに映画怖い物が大好きだったのだが、
その流れか母のいない日にプチ肝試しをすることがあった。

兄は免許も車もあったため車で山に出掛けていた。
と言っても近くの山道を行く程度なので一周20分程。

いつものように肝試しに行く。

いつも何も起こらない。

山道を抜け集落に入りまた山道というところで
おばぁちゃんが畑にいた。

もう暗いのになにか採りに来たのだろうか。

私は何気なく

「おばぁちゃん大丈夫かな。もう暗いからあぶないよ。」

と言ったら、兄が

「え?だれもいなかったけど・・・。」

私は考えるのをやめた。

広告





[怖い話]第08話 おばぁちゃん へのコメントはまだありません

2017年10月27日


 日常に違和感を覚えた彼は、ふと入った化粧室の鏡を見て驚愕する。そこに、写っていたものとは。

広告





 けたたましい目覚まし時計の音に目を覚ます。時計を手に取って見ると、今は八時半。
 遅刻確定だ。いつもなら、八時には家を出ないといけないのに。
「やべえ」
 慌てて服を着替え、鏡のない台所で歯を磨いて濡れたタオルで顔をぬぐう。朝飯を食べる時間もないし、髪も手櫛で適当に整えればいいだろう。なにより、今日は重要な取引先との商談がある。その準備を急いで終わらせて、身支度を整えればいい。
 そんなことを考えながら、カバンの中を確認する。
──よし、必要なものは全部入っている。
 カバンの取っ手を掴み、俺はドアのかぎを開けて外に出た。次の電車に乗れれば、何とか間に合うだろう。
 10分かかるところを8分で駅につき、息を切らしながら上を見ると、ふと気になったことがあった。いつもなら、上り線は右にある2番ホーム──この駅は線路が二本しかない島式1面だ──のはずなのに、今日は左にある1番ホームだった。
「おかしいな……」
 駅員さんに聞いてみようかと思って周りを見渡すが、相変わらずここの駅は人がいない。そうこうしているうちに、電車が来る趣旨のアナウンスが鳴り響く。
 目の前に電車が止まり、俺は乗り込む。車内はガラガラで、人影は両隣の車両にも見えない。これなら、椅子に座れるだろう。
 しばらくスマートフォンを弄りながら電車に身を任せていると、上司から電話が来た。そういえば、遅刻すると連絡し忘れていた。
「まずい」
 それも怖いことで有名な有田さんだ。時間にも厳しく規律にも厳しい、このタイミングで話したくない人ナンバーワンだ。間違いなく怒られるに違いない。
 とりあえず着信ボタンをタップし、電話を耳に当てる。
「すみま──」
『どうしたんだ、鏡味くん。遅れるなんて珍しい。体調でも悪かったのか?』
 声は間違いなく有田さんだが、いつもの有田さんの話し方じゃない穏やかな話し方だ。それに、俺は遅刻の常習犯だったはずなのに。
「え……あ、いえ、寝坊してしまって」
 記憶とのギャップで言葉に詰まる。そんな俺をよそに、有田さんは豪快に笑った。
『そういうことだったか。今日は重要な商談はないんだ、気を付けて来るんだよ』
「え? 半田商事との商談があるはずでは?」
『いやいや、半田商事とは明日だよ。慌てすぎて、予定がこんがらがったんじゃないか?』
 どうにも腑に落ちないが、有田さんがそういうならそういうことなのだろう。あとでスケジュール表を見てみないと。
「あ……そうかもしれません」
『他に何かあるか?』
「いえ、特には」
『わかった。会社についたら、私のデスクに来るんだ、任せたい仕事がある』
「わかりました。では、失礼します」
 電話を下ろし、通話終了ボタンをタップする。すかさず、スマートフォンのスケジュール表をタップすると、半田商事との商談は明日だった。
──なんだ。有田さんの言う通り、やっぱりこんがらがっていただけか。
 長く息を吐いて、俺は電車の椅子に沈み込む。上司に怒られないという安堵と取引をお釈迦にしないで済むという事実のおかげで、細かいことはもう気にならなかった。

 電車を降りて、いつも通り北口から右に歩く。すると、左に歩いたときに見えてくるはずの商店街が見えてきた。
──あれ?
 右と左を間違えただろうか? スマートフォンを取り出し、マップアプリを開いて覚えている会社の住所を打ち込む。すると、北口から左に歩けとの表示が出てきた。
「おかしいな……」
 何とも言えないモヤモヤが心を覆うのを感じつつ、踵を返して左に歩く。しばらく歩くと、会社が入居している見まごうことのない灰色をした雑居ビルが見えてきた。
 今日はおかしなことばかりだ。電車は上下反対になっているし、厳しい上司は打って変わって優しいし、右に歩いたと思ったら左に歩いている。いつから、俺は右左が分からなくなったのか。
 悩んでいても仕方ない。とりあえず、仕事に行かないと。
 エントランスに入る。いつもなら右にあるはずのエレベーターは、やはり左にあった。管理人でもいれば話を聞いてみてもいいが、今日は誰もいない。
 俺は一階に止まっているエレベーターに乗り込み、会社の入っている3階のボタンを押して、カバンから名前やらなんやらが書いてある社員証を取り出し首にかけた。
 エレベーターはけたたましい音を立てながら、上へあがっていった。
 会社につくと、入り口近くにデスクのある同期の萩野さんが俺の顔を見て、苦々しい顔をした。遅刻したというのに悠々と入ってきたせいで、彼女の気に障ったのだろうか。俺と彼女は同期で仲は比較的良い方だったはずだけど。
 ともかく、いったん自分のデスクにカバンを置いた俺は有田さんのデスクに向かうと、彼は何やら書類にサインをしていた。
 俺は頭を下げる。
「遅れてすみませんでした」
 彼が顔を上げる。
「電話でも言ったけど、大丈夫だ。とりあえず──」彼がサインしている書類とは別の、ファイルに入った分厚い書類を差し出す。「これを終わらせてくれないか」
 頭を上げ、俺は書類を受け取った。
「分かりました」
 自分のデスクに向かいながら書類を捲ると、分厚い割には対して難しくもない仕事だ。これなら、昼休みまでには何とか終わらせられるだろう。デスクについて仕事を始めると、自分の心を覆っていたモヤモヤは時間が経つにつれて雲散霧消していった。

広告





 昼休みの時間に入り、俺は伸びをした。先程の仕事もほとんど終わり、あとは確認だけすればいい。
 そういえば、元々ここには大して人はいないが、今日は有田さん、萩野さん、俺の三人しかいない。いつもなら佐藤さんや中西さんもいるのに。
──まあ、いいか。とりあえず、昼飯を食いに行こう。
 そう思い、俺はデスクから立ち上がって社員証を外しながらエレベーターに向かう。社員証はポケットにつっこんでおけばいいだろう。
 すると、その途中で萩野さんと会った。
「こんにちは」
「……」
 無視。いつもなら、返事を返してくれるのに。
 なんだろう、彼氏にでも振られて機嫌が悪いのだろうか。まあ、腫れ物に触れないほうがいいのは身をもって経験している。放っておけば、明日には機嫌を直していることだろう。
 そんなことを考えつつ、俺と萩野さんはエレベーターに乗り込んで一階を押した。そこでも、やっぱり彼女は機嫌が悪そうだった。
 それから30分くらいして、昼を食べ終えた俺は行く当てもないので会社に戻ろうと雑居ビルに向かう途中、またしても街並みに違和感を覚えた。来るときに気づかなかったのは、遅刻したせいで慌てていたからだろう。
──ん?
 俺の記憶にある街と左右が反対だ。左側にあった薬屋は通りの右側にあるし、右にあった本屋は左にある。
 本当に移動したのか? いや、そんなことはないだろう。なにせ、数多ある雑居ビルも全部移動しているのだから。
 そうなると、俺の記憶がおかしいのか、それとも世界が反転したのか。
 しばらく立ち止まって考えてみても、どっちが正しいのか分からない。とはいえ後者は物語じゃあるまいし、そんなことが起こるなんてありえない。前者だって、なにか特別なことをした記憶はない。今週末の土曜日、医者に行ってみよう。もしかしたら、頭に何か……腫瘍か出血かがあるのかもしれない。
 とりあえず、会社に戻ろう。昼休みもあと15分くらいしかない。

 雑居ビルに戻ると、不意に尿意を感じて化粧室に駆け込んだ。用を済ませて時計を見ると、まだ7分くらいある。戻る時間は十分あるだろう。
 ズボンを上げて、ポケットに入れておいた社員証を首にかける。
 洗面台に歩いて行って手を洗う。そういえば、身だしなみをほとんど整えていなかったっけ。
──丁度いい、ついでだ。
 顔を上げて鏡を見る。その時、俺はみぞおちの辺りにあり得ないものを見た。
 目を見開く。鏡の中の俺も、目を見開いた。
「ありえない、そんな馬鹿な」
 鏡の中の口が動く。その口も『ありえない、そんな馬鹿な』と動いた。鏡に右手をつくと、中の俺も左手を鏡につく。
 そうか、これが原因か!

広告





鏡 へのコメントはまだありません

[怖い話]第07話 念仏 2017年10月20日


これは社員のまめこさんの体験談…

広告





アパートで独り暮らしをしていた時のこと。
その日は年に1回なるかどうかの金縛りにあっていた。

怖いなと思いつつ早く寝たいと考えていたが
ふと天井の角に目をやると・・・
男の人がコウモリのような逆さの状態でしゃがみ込みこちらをじっと見ていた。

眠気も吹き飛び鳥肌がたち凍り付く。
どうしたらいいかもわからない。
とりあえず思いつく限りの念仏を頭の中で唱えた。

はやくいなくなれ!!

懇願していると
すっと自分の枕元の横に誰かが座った。

自分が産まれる前に亡くなった祖母だった。

写真でしか見たことがなかったがすぐにわかった。
祖母は横を向いたまま一緒に念仏を唱えてくれた。

何分経っただろうか。
数秒だったのかもしれない。

ばーちゃん初めて近くで見たなと思ったらすぅっと消えていった…

金縛りも解けて男の人も消えていた。

ばーちゃんありがとう。

広告





[怖い話]第07話 念仏 へのコメントはまだありません

[怖い話]第06話 お風呂 2017年10月15日


これは社員のまめこさんの体験談…

広告





数時間前の出来事だ。
私は長男とお風呂に入るのが日課だ。
遊ぶことに必死な長男にいつも
「鬼におへそとられるから湯船に浸かって隠しなさい」
と言っていった。
普段は何回いっても効果がないし風邪ひいたら明日お外で遊べないなど
色々追加してやっと浸かる。
しかし今日は体を洗って湯船に行くと自ら浸かった。
今日は浸かる気分なのかと呑気なことを考えていると
「鬼来ない鬼来ない鬼来ない鬼来ない・・・」
長男が言っている。
「おへそ隠してるから大丈夫だよ」
と言っても
「鬼来ない!」
と怒っている。
「鬼いるの?」
聞いてみると・・
「ちょちょにいる!(ここにいる!)」
と半泣きで扉の方を指さした。
その瞬間ぶわっと鳥肌がたった。

お風呂をあがる前にシャワーをかけるのが日課なのだが、
ザーッとかけていると
「めっ!めっ!鬼めっ!」
と急に長男が言った。
「鬼いない~」
どうやらシャワーの水が鬼に有効だったらしい。
長男が言うには男の方らしい。
通りすがりだったのだろうか。

p.s.
お風呂覗きが趣味の幽霊とかいるんだろうか…
そしてシャワーが有効だってのは良い情報だφ(゜ρ゜)

広告





[怖い話]第06話 お風呂 へのコメントはまだありません

[怖い話]第05話 廊下を歩く人 2017年10月8日


これはぐおじあと祖父の体験談…
※記憶が曖昧な部分は多少創作が入ってます

広告





祖父は病気をして仕事を引退してからは居間でテレビを見るのが日課だった。

ある時風邪を引いたぐおじあが学校を早退してきた。
祖父は足腰が弱く、二階に上がるのが大変なためぐおじあを居間で寝かせていた。

祖父が用事で席を外していると、
風邪で朦朧としているぐおじあの耳に足音が聞こえて来た。

トットットット

足腰の弱っている祖父は摺り足で歩いていたのでこんな軽快な足音は出せない…

トットットット

足音は廊下を行ったり来たりしていた…

しばらくして祖父が戻った時にぐおじあは祖父に尋ねてみた。

「誰かの足音してるけど誰か居たの?」

祖父はそれを聞くと事も無げにサラッと返した

「俺が一人の時もいつも誰か歩いてるんだ」

結局誰が歩いているかは分からなかった…

p.s.

もしかしたらひとつ前の話と何か関連があるかもしれないと思った事があります。
[怖い話]第04話 空き部屋の住人

広告





[怖い話]第05話 廊下を歩く人 へのコメントはまだありません